日本の名工 重房作包丁 

登録 重房作

本名:飯塚解房 

名匠長島宗則と刀匠岩崎重義に師事し庖丁と剃刀作りを学び、
重房が作り出す刃物は、伝統の鍛造技術の最高峰ともいえる。
プロの料理人が重房を使うと他の包丁は使えないと言わす程の
技を持ち、
丁寧に一丁一丁に造られた打ち刃物は
全て手研ぎ本刃付けの見事な仕上げである。

日本を代表する包丁作りの名人である。


15