鳳皇琳 作 本鍛造 田舎打ち 文化庖丁 青紙鋼 朴柄しのぎ付き [I-165B]

鳳皇琳 作 本鍛造 田舎打ち 文化庖丁 青紙鋼 朴柄しのぎ付き [I-165B]

販売価格: 5,400円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫数 在庫なし

商品詳細

本当に良く切れる田舎打ちのオールドスタイル!昔を思い出すような作品となりました。

贈り物にも喜ばれております!
名入れ可能です。お名前を購入カート画面の備考欄にご記入下さい。
(例)名入れ希望:川口雅紀  (例)名入れ希望:祝還暦 川口良雄
お願い!:名入れ商品はオリジナル品となりますのでご返品はお受けしておりません。

最近、昭和時代の良き文化を残そうという行動が各地で行われております。
この田舎打ちの庖丁も、昭和の時代にどこの家庭の台所に必ずあった庖丁です。
当店にご来店される、お爺ちゃんお婆ちゃんがこういう庖丁が
家庭用には研ぎ易くて良く切れるんだとお話して購入されていきます。

確かにその通りなんです!
※1太平洋戦争の終戦後に、ステンレス鋼の材質の悪い庖丁が出回るようになりました。結婚式の引き物や景品などで配られたそうです。錆びないけど切れない、ナマクラ庖丁に苦い思い出があるそうです。

この庖丁は、軟らかい軟鉄に安来鋼の高級鋼材の青紙鋼を割込み
ハンマーで鍛冶職が叩き鍛えた商品です。
軟鉄は砥石の当たりが良く簡単に研ぎ直しができます。青紙鋼は製造時の焼き入れが良く、
切れ味も長持ちします。
焼入れが良いと言うのは、切れ味が良いと言うことです。割込み庖丁ですので両刃になっています。
真っ直ぐに食材を切る事に適しております。

柄は水気に強い天然の朴木です。握りに鎬(しのぎ)がありますので、持ちやすくなっております。
長時間の作業にも軽快にご利用できます。

是非ご家庭で、良く切れる昔ながらの庖丁をご利用ください!

(※1当店で販売しているステンレス系鋼は技術進歩と品質管理の徹底で
大変良い庖丁になっていますが高価です。)

刃渡り:165ミリ 鋼:安来鋼 青紙鋼 硬度64-63 (本職クラス)      柄材:天然朴木  鎬(しのぎ)付き

 

他の写真

和包丁の寸法表示について
和包丁の寸法表示について


和包丁には刺身包丁や薄刃包丁などのマチ付きと出刃や鰻裂などのマチ無しがありますが、マチ付きの包丁は先からマチまでの寸法を表示、マチ無しの包丁は刃渡り(アゴから先まで)の寸法を表示してあります。
(洋包丁はすべて刃渡り寸法を表示しています。)

Facebookコメント