積層流鏡面仕上げ 伝統工芸士 火造り本鍛造 鳳皇琳 出刃庖丁 165mm 白紙二号 紫檀鎬柄 黒木鞘付き [HK-KDS-165]

積層流鏡面仕上げ 伝統工芸士 火造り本鍛造 鳳皇琳 出刃庖丁 165mm 白紙二号 紫檀鎬柄 黒木鞘付き [HK-KDS-165]

販売価格: 27,972円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

積層流 鏡面仕上げ 白紙二号 

高級刃物鋼の白紙鋼の持つ鋭い切れ味と
美しい積層流鏡面仕上げ!


伝統工芸師が白紙2号を鍛え、多層鋼として作り上げた出刃庖丁です。
この職人は、鮪包丁の作り手としても非常に評価の高い職人です。
鮪包丁を作るには切れ味と粘り強さを求められ
大変な腕前が必要となります。

鏡面仕上げとは!:鏡面仕上げとは鏡のように美しく磨かれた仕上げの事です。
美しいだけではなく表面積が小さくなる為、汚れの付着を防ぐ事で錆び難く
する事ができます。鏡面で無い包丁と比べメンテナンスが比較的楽になります。
裏面は裏スキがあるので通常の磨きとなっております。

※今まで切刃部分(鎬から切れる部分)も鏡面仕上げを行っておりましたが
8月18日から切刃部分を曇り仕上げに変更しました。
今までは職人さんのご好意でフル鏡面にしておりましたが、
切刃部分は研ぐと直ぐに研ぎ目がついてしまいます。
曇り仕上げにする事により鏡面加工の手間を抑え価格をお安く販売する事ができました。


鏡面仕上げと通常タイプを比べてみてさい。
下の包丁が鏡面仕上げの包丁です。
周りの風景が鏡のように映りこんでいます。



積層とは!:鋼と地金を幾度も折り重ねることで美しい積層の波紋が流れます。
美しいだけでは無く、包丁の耐久性が向上し
切れ味も上昇する効果があります。

白紙鋼とは!:純粋なる砂鉄系の不純物の極めて少ない鋼です。
熟連の職人が作製すると、どの鋼にも負けない位の
切れ味の鋭い粘りのある刃物となります。

白紙二号の特徴として、青紙鋼と異なり喰い付く感覚で切れる為、
制動距離が短く短距離で食材を切る事ができます。

白紙鋼ですので、砥石乗りが良く特に天然砥石との相性が良く
天然で仕上げると非常に鋭利な刃先になります。
当店での販売している
丸尾山蔵砥の相性は必見です。(特に合さがお奨め!)



鏡面シリーズは特別に黒塗りの木鞘をご用意いたしました。
脱落防止のピンの耐久性を考えた結果、
黒檀のピン止めを採用しております。

柄は、水気にも強い高級柄材の天然の紫檀を仕様しております。

柄に鎬が付いていますので使いやすくなっております。

積層流鏡面仕上げ+白紙二号 刃渡り:165mm 片刃 
硬度は、HRC61-63ですので本職向けのプロ用です。


無料にて庖丁にお名前を彫り入れる事が可能です。

購入カート画面の備考欄へ下記の様にご記入くださいませ。

(例)名入れ希望:川口

※和包丁は表面側(鳳皇琳と削ってある面)の
地金部分の空いている場所に削ります。
名入れの場所のご指定はお受けしておりません。

欠品の際は1ヶ月以上お待ち頂く場合がございますので、
お急ぎの際は納期をご確認の上ご注文下さいませ。

 

 

他の写真

Facebookコメント